再検証による最適化

今後の生産と消費に向けて、私たちが実施する前にその必要性と影響を決定する必要があります。最小のエネルギーで二酸化炭素の放出を抑える最も経済的な製造と消費をする方法を見つける必要があります。

効率的な削減

必要な生産と消費のために、消費エネルギーを最少にする努力をする必
要があります。

再使用

中古商品は再使用率を高めるために、繰り返し使用する必要
があります。

リサイクル

エネルギー利用率を促進するため、使用済み製品のリサイク
ルを進める必要があります。

再生可能エネルキーの活用

より多くの再生可能な資源、例えば、植物資源、ソーラー・エネルギー、風力
発電を利用する。オイルなどの非再生可能資源への依存度を軽減します。

持続可能性

継続的な開発とはシンプルな概念ですが、私たちの社会の将来にとって重要な意味を持ちます。1987年、国連のブルントラント委員会は私たちの共通の未来として、「持続可能な開発とは、現世代のニーズを満たすことができる開発を指し、さらに次世代のニーズを満たすことを阻害するものではないと定義した」

Address: Rm201, No.23, Rd Wang Hai, Xiamen, 361009, China Tel: 0086-592-5972009 Fax: 0086-592-5973331