猫が犬の数を上回る国は日本だけじゃない? 日本と世界のペット飼育数ランキング

私たちに癒やしを与えてくれるペット。犬や猫を始め、家族のようにペットと暮らしている人も多いのではないでしょうか。日本では犬の飼育数を猫の飼育数が上回るなど、ペットとの暮らしも少しずつ変わってきています。今回はペット飼育数統計調査をもとに、日本や世界のペット(犬・猫)飼育数ランキング、飼育数の推移をグラフで解説します。

矢野経済研究所富士経済がペット市場の調査レポートを毎年更新しています。今回は、両者のプレスリリースと矢野経済研究所のレポート、アニコムホールディングスが発表している「アニコム 家庭どうぶつ白書2017」、アイペット損害保険が更新している「ペットと飼い主に関する調査」、ペットフード協会が更新している「平成29年(2017年)全国犬猫飼育実態調査」などを参考に報告します。

2017年12月に日本ペットフード協会が発表した飼育頭数の最新統計調査では、20~70代全国の犬の飼育数は約892万匹、猫の飼育数は約952万6000匹と推計されることが分かりました。
犬の飼育数は2013年より減少傾向にあり、猫の飼育数が初めて犬の飼育数を上回った形となります。一方で飼育世帯でみると、犬は飼育率が12.84%(前年比△0.72%)、猫は飼育率が9.71%(前年比+0.15%)と犬の方が飼育率は高いですが、平均飼育数が犬は1.24匹、猫は1.75匹のため、結果的に猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回ったことが分かります。


犬の場合は飼育数のうち、純血が圧倒的に多く85.4%が純血です。ペットショップから迎える方が多いことが要因の一つです。しかし、保護犬猫から迎える方が増加していることもあり、雑種を飼う方も前年比+1.1%の14.6%まで増えています。一方で猫の場合は迎え方が野良猫からという方も少なくないため、純血よりも雑種の方が多く、82.8%が雑種となります。しかし、猫ブームもありペットショップから猫を迎える方が増加しており、純血の割合が前年比+1.9%となっています。

犬も猫も室内飼いが徹底されてきたことで、室内飼いが80%を超えています。ペットの家族化が進んでいること、殺処分問題が広く知られるようになったことが要因として挙げられます。今後はペットと暮らす家を考えた製品開発が進んでいくと予想されます。

年代別の飼育率の推移

犬の場合、50代の飼育率の減少が顕著で、前年比で△2.3pt、2013年から4.6%減少しています。猫の場合、飼育率が全体的に増加しています。飼育意向とも相関しており、犬よりも猫の方が飼育面、住宅面などからみて飼育しやすいことが要因の一つとなっていると考えられます。

飼育意向の阻害要因

犬の場合、20〜40代総じて「お金が高いから」「ペット不可物件だから」「十分に世話ができないから」という理由が多く、望まれるサービスとして「旅行中や外出中の世話代行サービス」「健康保険料・生命保険料などが減額になるサービス」が挙げられました。ペットホテルやペットシッターだけでなく、「DogHuggy」などのシッターマッチングサービスも今後成長していきそうです。

ペットの飼育数:世界ランキング

日本だけでなく世界ではどれだけペットが飼育されているのでしょうか。犬と猫にわけて紹介します。

犬の飼育数ランキング


世界全体で見ると、最新の犬の飼育数ランキングは、以下のような順番となります。アメリカが最も多く、次いでブラジル、中国となります。日本は直近まで5位に位置していましたが、飼育数の減少により9位となっています。

順位

飼育数

1位

アメリカ

6990万匹

2位

ブラジル

5200万匹

3位

中国

2740万匹

4位

ロシア

1250万匹

5位

フィリピン

1160万匹

6位

インド

1020万匹

7位

アルゼンチン

920万匹

8位

イギリス

900万匹

9位

日本

892万匹

10位

フランス

757万匹

11位

南アフリカ

740万匹

12位

ポーランド

731万匹

13位

イタリア

700万匹

14位

ドイツ

530万匹

15位

エチオピア

500万匹

16位

スペイン

472万匹

17位

ルーマニア

416万匹

18位

オーストラリア

370万匹

19位

チェコ

315万匹

20位

ハンガリー

285万匹

猫の飼育数ランキング


次は猫の飼育数ランキングです。日本で犬の飼育数が猫の飼育数を上回ったことが発表され話題になりましたが、世界的に見ると猫の方が犬の飼育数を上回る国も多く、世界的に見れば猫の飼育数が多いことがわかります。犬の飼育数ランキングには入ってなかったウクライナやベルギーなど、欧州でも猫文化が形成されている国が異なることがわかります。

順位

飼育数

1位

アメリカ

7405万匹

2位

中国

5310万匹

3位

ブラジル

2200万匹

4位

ロシア

1780万匹

5位

フランス

1148万匹

6位

日本

952万匹

7位

ドイツ

820万匹

8位

イギリス

800万匹

9位

イタリア

740万匹

10位

ウクライナ

735万匹

11位

ポーランド

550万匹

12位

ルーマニア

389万匹

13位

スペイン

338万匹

14位

アルゼンチン

300万匹

15位

オランダ

287万匹

16位

ハンガリー

224万匹

17位

オーストラリア

220万匹

18位

韓国

200万匹

19位

ベルギー

188万匹

20位

チェコ

175万匹

ペット飼育数の未来

日本では、働き方改革により在宅ワーカーが増えてきました。今まではオフィスでの勤務が中心でしたが、今後はさらに好きな場所で仕事が選択できる時代になるでしょう。そうなると飼育意向があった人たちがペットを迎えることができるようになり、飼育数も変化してくるかもしれません。また、AIなどの進歩によりペットと暮らす障壁が低くなってくることも期待できます。



Original link: http://www.wvscm.com, please indicate the source

This paper consists of degradable, biodegradable, environmentally friendly plastic bags, green plastic cups, tableware,poop bags
Xiamen Whole View Supply Chain Management Co., Ltd. released
Address: Rm303-D, No.17, Rd Wang Hai, Xiamen, 361009, China Tel: 0086-592-5985231 Fax: 0086-592-5973331